メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

記事番号: 1-288

公開日 2020年06月15日

更新日 2020年07月15日

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したなど、一定の基準を満たした世帯は、国民健康保険税の減免措置が受けられる場合があります。

※現時点の国の基準に基づいた内容となっています。今後の国からの通知等を受けて要件等が変更になる場合があります。

減免の対象となる世帯

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯
2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯

※ご自身の世帯が減免可能かどうか フローチャート でご確認ください

減免の対象となる保険税

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている、令和3年度分の国民健康保険税(令和2年度以前にさかのぼる減免申請はできません。)

※以下の項目すべてに該当する場合は、別途ご相談ください。
 ・社会保険の喪失、転入等により、令和2年度末に甲州市国民健康保険に加入した。
 ・上記に伴う令和2年度分の保険税の納期限が、令和3年4月以降に設定されている。
 ・国民健康保険の加入手続きを、資格の取得日から原則14日以内に行っている。

減免の要件

要件1

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯

 

減免に該当する要件

医師の死亡診断書もしくは診断書によって、世帯の主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病(※1)を負ったことが確認できること。

免除される額

対象の保険税の全額

申請に必要な書類

・新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税減免申請書(朱肉で押印してください)
・死亡診断書、または死亡診断書に準じる医師による証明書のコピー(死亡の場合)
・医師による診断書のコピー(重篤な傷病の場合)
・申請者の本人確認書類のコピー(マイナンバーカード、運転免許証、在留カード等)

※1新型コロナウイルス感染症の症状が重く、回復までに長期間を要する等により、世帯の経済状況等に与える影響が大きいと認められる場合をいい、具体的には、1か月以上の治療を有すると認められる場合

要件2

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯

 

減免に該当する要件

次の全てに当てはまる世帯
1.世帯の主たる生計維持者の事業収入・給与収入・不動産収入・山林収入のいずれかの収入が、収入の種類ごとに見た場合に、令和2年中(前年)に比べて3割以上減少する見込みであること。
2.世帯の主たる生計維持者の令和2年中(前年)の所得の合計額が1,000万円以下であること。
3.世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和元年中(前年)の所得の合計額が400万円以下であること。(「事業収入等(事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入)の中で減少率が30%に満たない収入にかかる所得」+「事業収入等以外の所得(例:雑所得、配当所得、長期譲渡所得等)」の合計額

減額または免除される額

減免対象保険税額(A×B/C)に減免割合(D)を乗じた金額
(世帯全体の保険税額から主たる生計維持者の減少した所得に係る保険税分を計算し、それに所得に応じた減免割合を乗じます。)

減免対象保険税額

(A×B/C)

A:世帯の被保険者全員について算定した保険税額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る令和2年中(前年)の所得額
C:世帯の主たる生計維持者及び被保険者全員の令和2年中(前年)の合計所得金額

減免割合

(D)

世帯の主たる生計維持者の令和2年中(前年)の合計所得金額に応じて決まります。

・主たる生計維持者の事業の廃止、失業の場合、全部(10分の10)
・300万円以下の場合、全部(10分の10)
・400万円以下の場合、10分の8
・550万円以下の場合、10分の6
・750万円以下の場合、10分の4
・1,000万円以下の場合、10分の2

申請に必要な書類

・新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税減免申請書(朱肉で押印してください)
・申請者の本人確認書類のコピー(マイナンバーカード、運転免許証、在留カード等)

◆ 世帯の主たる生計維持者の令和2年(前年)の収入・所得が分かる書類のコピー
 ・確定申告書控えのコピー
 ・給与所得の源泉徴収票のコピー
 ・世帯の主たる生計維持者の令和3年(今年)の収入状況が分かる書類のコピー
 ・収入見込み額の算出の資料(給与明細、帳簿等)のコピー
 ・保険金、賠償金により補填額がある場合は、金額を確認できる書類のコピー

◆世帯の主たる生計維持者が、新型コロナウイルス感染症の影響で廃業したとき
 ・廃業届、廃業したことがわかる書類などのコピー

◆世帯の主たる生計維持者が、新型コロナウイルス感染症の影響で失業したとき
 ・離職票、退職証明書、雇用保険受給者証などのコピー

◆世帯の国民健康保険加入者全員の令和2年中(前年)の確定申告書控え、または源泉徴収票のコピー

世帯の主たる生計維持者が、新型コロナウイルス感染症の影響のもと、会社都合により離職した場合であっても、非自発的失業者の保険税減免制度に該当する場合は、新型コロナウイルス感染症の減免の対象ではなく、非自発的失業者軽減が優先されるため今回の措置による給与収入の減少に伴う保険税の軽減は行いません。
ただし、給与収入以外に事業収入、不動産収入、山林収入の減少が見込まれる場合は、新型コロナウイルス感染症の減免になる場合があります。

申請方法

申請前に「Q&A 」をご確認ください。

申請書は以下のリンクからダウンロードしてください。

要件1の申請書類

要件2の申請書類

提出前には、必要書類が揃っているか確認するために「申請書提出用チェックシート」にチェックを入れながら確認してください。申請書類や添付書類等に不備がある場合は申請を受け付けることができない場合がありますので、必ず確認をお願いします。なおチェックシートも一緒に提出をお願いします。

申請書に必要事項をご記入の上、添付書類とともに甲州市役所税務課市民税担当へ提出(郵送可)してください。

郵送先

〒404-8501
山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1  甲州市役所 税務課 市民税担当 まで

印刷環境がない方は、申請書を郵送しますので下記までお問合せください。

申請期限

  • 令和4年3月31日まで(厳守となります。お早めに申請をお願いします)

申請後について

  • 申請受理後、内容の審査を行い、1か月半ほどで新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税承認通知書・不承認通知書にて通知します。

その他

  • 勝沼支所、大和支所では申請の受付をしておりませんので、ご注意ください。
  • 提出の必要な添付書類についてのコピーは申請者様ご負担にて対応をお願いします。
  • 虚偽の内容を記載、申請し減免を受けた場合は、減免取消をさせていただきますので、ご注意ください。

お問い合わせ先

税務課
郵便番号:404-8501
住所:山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1
TEL:0553-32-5069
前のページへ戻る

甲州市へのご意見・ご要望はこちらから

甲州市へのご意見ご要望は下記の「ご意見・ご要望」フォームからお願いします。

本ページへのお問い合わせの場合は、本ページのURLを添えて送信してください。

ご意見・ご要望