JavaScriptが無効となっています。有効にして頂くと次のことが可能になります。
マウスオーバーした際にボタンが変化します。
文字の拡大縮小ができます。

本文へジャンプ

産婦健康診査

産後は、赤ちゃん中心の生活リズムになったり、体調や環境が大きく変化することから、精神的に不安定になりやすい時期です。

産後間もないお母さんのこころとからだの健康保持や産後うつの予防、出産後の切れ目ない支援のために、産婦健康診査の費用の一部を助成します。


費用助成の対象者

*平成30年4月1日以降に出産し、健診受診日に甲州市に住民票がある方

*次の項目をすべて実施した方

  ①問診 ②医師の診察 ③体重・血圧測定 ④尿検査 ⑤エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)


受診票について

母子健康手帳と一緒に交付します。産婦健診を受ける際に医療機関へ提出してください。

※他市町村から転入された場合は受診票を交換いたしますので、転入手続きの際に未使用の受診票と母子健康手帳をお持ちになり、健康増進課の窓口にお越しください。

産婦健康診査の時期・回数・助成額

時期・回数

出産後、概ね2週間後と1か月後の各1回ずつ、合計2回まで

助成額

助成上限額:1回5,000円

※健診費用が助成上限額を上回った場合は、差額分が自己負担となります。
※助成上限額以内の場合は、かかった金額を助成します。

 

県外の医療機関で受診される方

里帰り出産等で県外の医療機関を受診された方は、申請することで費用の一部(合計2回まで、上限額1回5,000円)が助成されます。

申請方法

医療機関の窓口で健診費用(全額)を支払っていただき、健診日から1年以内に健康増進課の窓口で手続きを行なってください。償還払いによる費用の助成を行ないます。

申請書類

  • 医療機関で受診結果を記載してもらった、甲州市発行の「産婦健康診査受診票」
  • 領収書(原本)
  • 産婦健康診査費用助成申請書(こちら(PDFファイル)からダウンロードできます)

※振込先口座は同一世帯員、受診者もしくはその保護者となります
※申請者と受診者、振込口座の名義人氏名は同一でなくてもかまいません

お問い合せ先

健康増進課 健康づくり担当

〒404-8501 山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1

0553-33-7812 / 0553-33-7813

ページの先頭へ戻る