JavaScriptが無効となっています。有効にして頂くと次のことが可能になります。
マウスオーバーした際にボタンが変化します。
文字の拡大縮小ができます。

本文へジャンプ

離婚届

届出の種類

離婚届
届出地 夫妻の本籍地・住所地
届出期間 協議離婚の場合は期間の定めはありません(届出した日から効力が発生)  裁判離婚の場合は確定の日から10日以内

 

届出に必要なもの

 

  • 離婚届(協議離婚の場合20歳以上の証人が2人必要)
  • 印鑑(夫と妻それぞれのもの、ただし裁判離婚は届出人のもの)
  • 戸籍謄本(本籍が届出地にあるときは不要)
  • 裁判離婚の場合は、判決の謄本、確定証明書
  • マイナンバーカード、運転免許証などの身分証明書
届出人

夫及び妻                                         裁判離婚の場合は申立人

【戸籍届出(婚姻・離婚等)による氏名の変更】各種手続き一覧(PDF) (主な手続きをご確認ください) 

 その他詳細については、お問い合わせください。

 

 子どもの養育に関する合意書についての法務省のパンフレットを窓口に常備しています。また、未成年のお子さんがいらっしゃる場合は、離婚の届け出の際に「面会交流」と「養育費の支払」について取り決めをしているかを確認しています。

※合意書は、離婚届を提出する際に提出しなければならないものではなく、合意書を作成しなければ離婚届が受理されないということはありません。しかし、お子さんの健やかな成長のためにも、文書で取り決めましょう。


「子供の養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」について(法務省)(外部リンク)


お問い合せ先

戸籍住民課 住民記録・戸籍担当

〒404-8501 山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1

0553-32-2111

ページの先頭へ戻る