メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

甘草屋敷のコロガキ

記事番号: 1-1051

公開日 2018年11月26日

更新日 2018年12月07日

 

 冬の風物詩のひとつであるコロガキは、松里を中心に盛んに生産されており、この時期は民家の軒先にオレンジ色のカーテンが鮮やかに出現します。

 

 より多くの皆様にご覧いただくため、甘草屋敷でもコロガキを干していますので、ぜひお越しください。甘草屋敷のコロガキは11月末まで軒先に吊るし、その後は棚干しを12月中ば頃まで行っています(日程は天候により前後しますので詳細はお問合せください)。

 市内を散策してオレンジ色のカーテン探しをするのも楽しいですよ!

※コロガキは、甲州百目という種類の渋柿を使った干し柿です。柿ひとつの重量が350gから400gほどもある大きな柿を使った干し柿である点が特徴です。その歴史は古く、江戸時代からコロガキが生産されており、将軍家への献上品とされていました。現在では「枯露柿(ころがき)」として市場に出回り、冬の贈答品となっています。

 

旧高野家住宅(甘草屋敷)

■観覧料金 個人 大人300円 小人・学生200円

      団体 大人200円 小人・学生100円

■所在地  〒404−0042

      山梨県甲州市塩山上於曽1651−15

      TEL 0553−33−5910

      ※JR塩山駅北口より徒歩1分

■開館時間 午前9時から午後4時30分まで

■休館日  火曜日(祝祭日にあたる場合は、その翌日)

※11月7日の様子

文化財課Facebook

甲州市の文化財

お問い合わせ先

文化財課
郵便番号:404-8501
住所:山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1
TEL:0553-32-5076
前のページへ戻る

甲州市へのご意見・ご要望はこちらから

甲州市へのご意見ご要望は下記の「ご意見・ご要望」フォームからお願いします。

本ページへのお問い合わせの場合は、本ページのURLを添えて送信してください。

ご意見・ご要望