メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

新築家屋等の調査について

記事番号: 1-556

公開日 2014年12月08日

更新日 2020年11月20日

家屋の新築や増築をすると、翌年度より固定資産税が課税されます。固定資産税を算定するために家屋の構造や建築材料を「固定資産評価基準」に当てはめ、家屋の評価額を決定するよう地方税法に定められています。これにより家屋の内部や外部の確認をさせていただくため、家屋調査をお願いしています。


 家屋調査の流れ

 

1.住宅の完成

 新築(増築)家屋の把握については、建築確認申請の完了予定日をもとに現地調査等により行います。

2.家屋調査の依頼

 所有者の方に「新築・増築家屋の家屋調査について(依頼)」を郵送にてお配りします。

3.調査日時の設定

 所有者の方と日程調整をさせていただきます。

 ※調査日は原則として平日をお願いしております。

4.調査当日の内容

 当日は、原則として職員2名でお伺いしています。家屋の大きさにもよりますが、概ね1時間程度の調査です。

 (1)図面等借用(コピーをして当日返却します)

 (2)屋外調査(外壁材、屋根材等の確認)

 (3)屋内調査(各部屋の仕上げ材、建築設備の確認)

 (4)税金の説明、書類の記入等


家屋調査の実施時期は家屋建築年の6月から12月です。ただし、12月中旬以降に新築された家屋は翌年2月頃までに調査します。


また、この調査は入居前でも実施可能です。調査日時の予約は随時受け付けておりますので、家屋が完成しましたら税務課までご連絡ください(施工中の調査実施はしておりません)。


 

家屋調査当日ご準備いただくもの
 

・建物の平面図、立面図、仕上表

(長期優良住宅の軽減措置を受けられる方)
・長期優良住宅の認定証の写し

・認印

お問い合わせ先

税務課
郵便番号:404-8501
住所:山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1
TEL:0553-32-5069
前のページへ戻る

甲州市へのご意見・ご要望はこちらから

甲州市へのご意見ご要望は下記の「ご意見・ご要望」フォームからお願いします。

本ページへのお問い合わせの場合は、本ページのURLを添えて送信してください。

ご意見・ご要望