メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

大藤小学校

記事番号: 18-249

公開日 2012年03月19日

更新日 2014年11月26日

 

本校は,甲州市塩山の東部にあり,大菩薩連峰(関東山地に属す)のすそ野の重川・文珠川の扇状地に緩やかに広がり,地質は火山灰による砂質土壌である。学区は,中萩原・上粟生野,下粟生野からなり,国道411号線と県道塩山停車場大菩薩線が北東から南西方面に平行に2本通る。

 明治29年12月4日に「大藤尋常小学校」として現在地に開校し,平成8年に100周年記念式典を挙行した。平成4・5年には文部省「勤労生産学習研究推進校」,平成20,21年には文部科学省「道徳教育実践研究事業」,平成25,26年には文部科学省「レクで学校丸ごと元気アップ!事業」の指定を受けた。

 春には桃・李の花にあふれ,夏から秋には桃・李・葡萄・薔薇の出荷で忙しい果実郷で,樋口一葉ゆかりの里として知られると共に,県指定文化財山王権現社など文化財も豊富である。本校は,学年1学級の小規模校であるが,「至誠」「博愛」「勇氣」の校訓のもと,「自ら考え,正しく判断し,行動する児童の育成」を目指し,学校・家庭・地域が一体となって,地域に根ざした体験重視の特色ある教育活動を続けている。

所在地 塩山上粟生野492番地1
電話番号 0553-33-2116

 

 

 

 

 

 

 

学校開放施設一覧

地図