メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

【文化的景観:勝沼】文化庁主任調査官現地視察

記事番号: 1-968

公開日 2018年12月07日

 現在、甲州市は「勝沼のブドウ畑とワイナリー群」の文化的景観の県内初・重要文化的景観選定を目指し、学術調査を行っています。

 平成30年11月19日、この文化的景観について、文化庁文化的景観部門下間主任調査官が現地視察に訪れました。長い歴史を積み重ねるなかで育まれてきた勝沼地域の景観について、それを生み出している地域の方々の生活や生業に着目しながら、勝沼特有の地形・地質・気象条件などを踏まえ、地域を巡りました。

 地元やワイナリーの方々にもご協力いただき、地域の歴史や文化、何気ない生活の記憶など、貴重なお話を伺うことができました。

 学術調査は今年度まで実施し、調査報告書に取りまとめを行います。全国に誇れる勝沼地域の景観を守り、次世代へつなげるべく取り組んでまいりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

■都市整備課から眺望景観の説明          ■萩原家住宅(国登録有形文化財)視察

 

■地元農家さんのブドウ棚視察            ■実験棚(勝沼町上岩崎)視察

 

■錦城葡萄酒(株)視察                ■勝沼醸造(株)視察

 

~文化的景観とは~

 

 文化的景観とは、人が地域の自然(地形や地質、気象条件など)と巧みに付き合いながら生活・生業を営むことで生まれた景観のことで、平成16年の文化財保護法改正により誕生した、文化財のひとつです。

関連ページ

お問い合わせ先

文化財課
郵便番号:404-8501
住所:山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1
TEL:0553-32-5076
前のページへ戻る

甲州市へのご意見・ご要望はこちらから

甲州市へのご意見ご要望は下記の「ご意見・ご要望」フォームからお願いします。

本ページへのお問い合わせの場合は、本ページのURLを添えて送信してください。

ご意見・ご要望