メインコンテンツにスキップする

アクセシビリティツール

文字の大きさ

背景色

日本遺産「日本ワイン140年史」構成文化財 「葡萄三説及び葡萄三説草稿」の調査を行っています!

記事番号: 1-2920

公開日 2021年07月30日

更新日 2021年07月30日

 甲州市教育委員会では、市内に所在するブドウ栽培・ワイン醸造に関する資料の整備を積極的に進めています。現在、公益財団法人山梨文化財研究所に委託して、ブドウ栽培とワイン醸造の技術を学ぶべく、明治10年(1877)フランスに留学した伝習生高野正誠が刊行した『葡萄三説』の草稿の解読調査と筆耕を行っています。

 

 『葡萄三説』とは、「第一編葡萄園開設すべきの説」、「第二編葡萄栽培説」、「第三編葡萄醸酒説」の三説からなる、フランス式の一大ブドウ園開設構想をまとめた概説書です。当時、ワインの本場フランスにおけるブドウ栽培・ワイン醸造の技術、道具類まで具体的に書かれた著書が少ない中、明治23年(1890)に刊行されると、ブドウ栽培とワイン醸造を志す者の良き教科書として全国に普及しました。

 

 草稿には朱書きや貼り紙で校正がされており、刊行に至るまでの経過を読み取れます。写真上段の〇版は1回目の校正、下段の△版は1回目の校正を踏まえて2回目の校正がされています。また、「前田正名 校閲」との記載から、前田正名も校正に携わっていることがわかります。前田は、明治政府の殖産興業政策の立案・実践した中心人物で、三田育種場長、パリ万国博覧会事務官(後に事務官長)を務めました。高野と土屋龍憲(助次朗)のフランス留学は、前田が県令藤村紫朗に働きかけをしたことで実現し、留学期間中も2人を手厚く支えた人物です。

 

■『葡萄三説』の草稿

 

■朱書きで校正が記入されている(葡萄三説草稿第1巻)

 

 また、高野正誠の生家から『葡萄三説』の草稿とともに、『葡萄三説』をもとに一大ブドウ園開設の協力を求めて、松方正義、桂二郎(桂太郎の弟)らへ宛てたハガキやその返書も発見されています。

 当時の高野正誠の一大ブドウ園構想や交流関係が垣間見える史料で、草稿とともに解読調査を進め、調査成果については順次公開していきます。

閲覧情報

『葡萄三説』

■甲州市立勝沼図書館にて閲覧ができます。※館内利用資料

 甲州市立図書館ホームページ

 甲州市立図書館 OPAC

 

■国立国会図書館デジタルコレクションにてデジタル公開されています。

 国立国会図書館デジタルコレクションホームページ

『明治十年仝十一年中往復記録』

■報告書『明治十年仝十一年中往復記録』

 報告書『明治十年仝十一年中往復記録』を刊行しました

■YouTube 甲州市立勝沼図書館 

 ぶどうとワインの資料展連動企画 連続セミナー『「明治十年仝十一年中往復記録」を読む』最終回

関連ページ

日本遺産(Japan Heritage)「日本ワイン140年史~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~」

文化的景観「勝沼のブドウ畑とワイナリー群」

甲州市ホームページ「歴史と文化」

文化財に関するお知らせ

文化財に関する催し等

お問い合わせ先

文化財課
郵便番号:404-8501
住所:山梨県甲州市塩山上於曽1085番地1
TEL:0553-32-5076
前のページへ戻る

甲州市へのご意見・ご要望はこちらから

甲州市へのご意見ご要望は下記の「ご意見・ご要望」フォームからお願いします。

本ページへのお問い合わせの場合は、本ページのURLを添えて送信してください。

ご意見・ご要望